リフレクソロジスト10年目

はじめまして。私がリフレクソロジストとしてお仕事をするようになって、もう10年経ちました。

リフレクソロジストとして働く前は、医療助手の仕事をしていました。
医療助手の仕事を続けていくうちに、看護師の仕事に大変興味をもち、
看護師になるための勉強をしていましたが、勉強時間の捻出が難しく、残念ながら挫折。
そのうち、医療助手としての仕事にも、熱意を燃やせなくなってきていました。

そんなときに、ふと入ったリフレクソロジーのお店にすごく癒され、
「看護師などの医療の仕事でなくても、人を癒したり、
人の役に立つ仕事ができるのでは」と思ったことがきっかけで、
リフレクソロジーの学校に通い、系列のサロンに就職しました。

リフレクソロジーのお仕事は、すごくやりがいがある上に、体力勝負のかなりハードな仕事です。
朝から晩までお客様に施術を行うので、家に帰る頃には披露がマックス。
休みの日には自分がリフレクソロジーで癒されていたりします。
けれど、お客様がリラックスした表情で施術を受けてくださったり、
「辛かった症状が楽になった」というお言葉をいただけたりすると、
明日も頑張ろう!と思えるのが不思議です。

リフレクソロジストの一日はとてもハード。
朝、開店1時間前に出社したら、サロンの掃除やタオルなどの備品の準備、
当日の予約の確認などを行います。
開店準備が整ったら朝礼をして、今日の目標や注意点についてのすり合わせを。

私の働くサロンでは、毎日小さな目標を設定して、
それをこなせたかどうかを終礼で発表し合います。
例えば、「お客様に新しいメニューをおすすめする」という目標だったり、
「◯◯のコースを何人に受けていただく」という目標だったり。
なかなか毎日クリアすることは難しいのですが、日々目標を持って仕事をすることで、
モチベーションの維持につながるという考え方のサロンですし、私もそのとおりだなと思っています。

開店後は、ひたすらお客様への施術。
リフレクソロジーはかなり人気が高く、
私が働くサロンは繁華街に近いところにあることもあってか、
予約でいっぱいの日がほとんどなので、休んでいるヒマはありません。
交代でさっとランチをして、閉店までお客様への施術が続きます。
閉店後はまたサロンの掃除や片付け、明日の準備などを行い、終礼をして、一日の業務は終了です。

慣れるまでは、指が疲れきって、帰宅してからは何もできないほどでした。
指の関節がすごく痛くて眠れないことも。最初はつらいことがたくさんありましたが、
慣れていくのと同時にやりがいを感じられるようになり、今はつらいと思うことはほとんどありません。

そんなリフレクソロジストとしての生活を続け、3年前に結婚。
今はまだ子供がいないので、夫婦でフルタイムで働いていますが、
そろそろ子供が欲しいと思っているので、
仕事と妊活や育児の両立を検討しなければならないな、と考えはじめています。

リフレクソロジーの仕事は、たくさんのお客様と接することで見聞を広げることができますし、
施術技術は仕事以外でもいろいろなところで役に立つので、
ハードワークであることを除けばよいことばかり。
これからもずっと、リフレクソロジストとして活躍して行きたいと思っています。

 

コメントは受け付けていません。